CBD Oil

アメリカの大麻

2019年5月20日 こんにちは! 本日はアメリカのカンナビス研究についてご紹介します。このカンナビス研究の実態を詳しく見ていくことで、カンナビスの位置づけがお分かり頂けるかと思います。 本稿を読まれる前に、予備知識としてアメリカの大麻史【前編】&【  2019年7月2日 米国イリノイ州で、嗜好(しこう)用大麻の購入と所持が2020年1月1日から合法化される。この法案は5月31日に州議会で可決され、2018年の州知事選挙運動時から嗜好用大麻の合法化を公約に掲げていたJ.B.プリツカー州知事は6月25日  2019年11月22日 米国議会で11月20日、大麻を非犯罪化し、連邦レベルで「大麻税」の導入を目指す画期的な法案が可決された。ただし、この法案が共和党が実権を握る上院で承認を得られるかどうかは定かではない。米国の各州は近年、大麻の解禁を進め  2017年1月28日 アメリカ合衆国は徐々に“赤と白、そして緑の楽園”になりつつある。非医療用大麻の合法化を問う住民投票で、4つの州が賛成多数となった歴史的な大統領選挙サイクルのあと、今やアメリカ人の5人に1人は医師の診断書なく大麻を使用できる  2019年12月18日 デイブ・クラビル氏と2人のビジネスパートナーは、小規模ながらヘンプ(産業用大麻)の栽培を始めた。アメリカで再び合法化されたマリファナ品種を2種類、工業都市フリント郊外にある薄汚い道路沿いに広がる1エーカーの土地で育てている。 2019年10月18日 日本では考えにくいことかもしれませんが、アメリカでは各州による大麻(マリファナ)の非犯罪化と合法化が進んでます。 そもそもなぜこれまで違法だったのかという話ですが、それはまた別の機会に。 大麻には「医療」と「娯楽」の用途があり、 

2019年5月7日 アメリカで大麻は一般的にキャナビス(Cannabis)マリファナ(Marijuana)、ウィード(Weed)、ポット(Pot)などと呼ばれる。現在、34の州で医療用大麻の販売が認められ、首都ワシントンD.C.を含む10州では21歳以上への嗜好目的の 

2020年1月13日 取材・文/大野和基 世界中で広がる大麻合法化の波。アメリカ感覚で持ち込んで日本人を蝕む収穫1週間前の大麻。雑草と同じで成長が早く、種子の状態から収穫までにかかる期間は3~6ヵ月ほどだ世界中で大麻合. 2018年7月27日 大麻学部、大麻ツアー、大麻投資。人気ドラマ「グレイズ・アナトミー」でも患者にもらった大麻クッキーで全医師がハイになる場面があったり、アメリカでは大麻がもはや当たり前に語られています!全米30州と首都で医療用または娯楽用の大麻  ブレグジット(英国のEU離脱)に続いて、世界をよもやと唸らせたアメリカ大統領選。2016年11月8日、大統領選と同時にアメリカ9州で“ある住民投票”が実施された。テーマはマリファナ(大麻)。各地の住民が、医療目的、あるいは嗜好目的のマリファナの可否を  2019年6月29日 旅行者がアメリカで大麻を吸うのは大丈夫なのでしょうか? 近年、カナダやアメリカなどを中心に嗜好用の大麻(マリファナ)が解禁されていることはご存知かと思います。 アメリカでも30の州で大麻利用の法案可決がされており、今や  2019年5月20日 こんにちは! 本日はアメリカのカンナビス研究についてご紹介します。このカンナビス研究の実態を詳しく見ていくことで、カンナビスの位置づけがお分かり頂けるかと思います。 本稿を読まれる前に、予備知識としてアメリカの大麻史【前編】&【  2019年7月2日 米国イリノイ州で、嗜好(しこう)用大麻の購入と所持が2020年1月1日から合法化される。この法案は5月31日に州議会で可決され、2018年の州知事選挙運動時から嗜好用大麻の合法化を公約に掲げていたJ.B.プリツカー州知事は6月25日 

See Tweets about #アメリカ大麻 on Twitter. See what people are saying and join the conversation.

2019年9月4日 人権、医療、政治問題 アメリカのマリファナ合法化までの歴史を紐解く一冊となっている。 2019年10月17日 世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。□大麻に求められるマナーの問題!? 7月29日にニューヨー 【弁護士ドットコム】「アメリカ 大麻」では、「日本で大麻が違法になったのは、第二次世界大戦で敗北し、アメリカによって日本の法が整備されたからです。」「女友達がアメリカで大麻で有罪になり25月の懲役判決を受けました。」「それを、ラインのチャットで日本の 

2019年6月14日 前回の”その1”では、大麻合法化のアメリカの実態と現状を述べました。そこで今日は、大麻そのものに焦点を当てていきたいと。そして、アメリカと日本での大麻に対する認識の違いについて、進めていきます。別にアメリカが憎くて言ってる訳では 

2019年6月3日 米国で進む娯楽用大麻の合法化の波に陰りが見え始めている。年内の合法化を目指していた東部ニュージャージー州は公共の安全への影響を不安視する声が高まり、法案の可決を断念。「最大の消費地」とされるニューヨーク州でも年内解禁  2019年6月10日 しかも、単なる所持だけでなく、大麻の密輸や譲渡で摘発されている人が増えているのが近年の特徴だ。背景にあるとみられるのが、カナダやアメリカの一部で、し好品として大麻の合法化が進んでいることがある。日本への大麻の密輸量は、5  2019年12月2日 「マリファナって本当に悪いの?」日本では違法薬物とされるマリファナだが、世界各国では合法化が進んでいる。その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話をしよう』より「日本のこと」を…