CBD Products

コロラド州大麻使用統計

あのMicrosoftが大麻ビジネスに参入. By Mike Mozart アメリカでは一部の州で大麻(マリファナ)が合法化されています。 医療用として使用されることも 大麻を合法化したコロラド州はオピオイド処方が「大幅に減少」 … コロラド州が娯楽用大麻も合法化して以来、成人用大麻が依然として違法である州と比較し、疼痛(とうつう:ズキズキとうずくように痛むこと)に対するオピオイド処方の量が大幅に減少していることが新たな研究で明らかになりました。 医療用大麻への合法的なアクセスとオピオイド使用 米国で大盛況の大麻ツアーに潜入 参加者には日本人の姿も - ライ … アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州の6州では大麻関連ビジネスが活況を呈しているが、とくに 米国、大麻で盛り上がる観光産業 | ナショナルジオグラフィック …

合法化したとはいえ、2州とも公共の場での使用は依然として禁じられているため、ホテルは室内で大麻吸引、喫煙、摂取できることを売りにしているのだ。コロラド州では、大麻使用を許可している施設を検索できる「TravelTHC」なるサイトまで存在する。

2011年ワシントン州最高裁は「連邦法の下ではワシントン州の患者であっても合法的に大麻を使用する権利を持っているわけではない」 とし、2015年コロラド州の最高裁判所は、「被雇用者は州法によって医療用マリファナの使用は認められている。 コロラド州 大麻販売合法化(医療用、嗜好用)から1年、非犯罪 … コロラド州 大麻販売合法化(医療用、嗜好用)から1年、非犯罪化から2年 2014年1月1日に大麻販売店が初めて営業を開始してから約1年、コロラド州は犯罪率、交通事故死の減少、税収や雇用の増加、経済効果などの恩恵を受けている。 コロラド州事情 - 在デンバー日本国総領事館

【ロサンゼルス=共同】大麻の規制を2012年11月の住民投票で大幅に緩和し、酒やたばこと同様に嗜好品として合法化することが決まった米西部

2012年、ワシントン州とコロラド州は州民投票で成人使用(娯楽用)大麻(マリファナ)の所有・使用を合法化したアメリカ最初の州である。 そしてコロラド州はオレゴン州、アラスカ州の他の合法化している州と共に、自家栽培を許可している州である。 米国で人気「大麻体験ツアー」に参加してみた | The New York … 私たちはコロラド州デンバー北部の大麻農園からそう離れていないところにいた。バスで私の近くに座っていた男性は、パイプをぐいっと口から コロラド州の大麻税収が10億ドルに到達!日本円で1000億円越 … デンバー大麻法律事務所のVicente Sederbergが6月12日水曜日に発表した新しいレポートによると、コロラド州の大麻業界からの税収は合法化以来10億ドルを超えています。このレポートは、2014年1月1日に成人用の大麻の合法的な販売が開始されてから、コロラド州の税務課が徴収した手数料および 旅行者向けにツアー開催 大麻解禁でコロラドに誕生した新ビジネ …

大麻やCBDビジネスが大注目される中、いち早く合法化に踏み切ったコロラド州。2013年1月5日に所持と栽培が合法となり、大麻推進派からは税収と観光客の増加が期待されましたが、その土地の変化や何 …

大麻完全合法化から1年、コロラド州で起こったこと、起こらな … Photo by Coleen Whitfield 2014年1月の大麻完全合法化から1年が経ったアメリカ合衆国コロラド州。WSJの記事をもとに何が起こり、何が起こらなかったのかを考えてみます。 大きな期待と懸念の中、2013年1月5日にコロラド州で所持と栽培が合法化された大麻。大麻の販売についてはライセンスや流通 … 米コロラド州、大麻合法化後に犯罪率が10%減少 米コロラド州、大麻合法化後に犯罪率が10.6パーセント低下アメリカ西部に位置するコロラド州では、2012年に嗜好用目的での大麻(マリファナ)使用の合法化が決定。今年2013年1月1日からは販売も解禁されました。これにより、2012年に解禁さ 大麻解禁から5年、コロラドに生まれた新たなビジネス:朝日新 … コロラド州デンバーの空港から市中心部へは、鉄道で約 40 分。車窓からは、緑十字を掲げた大麻販売店の看板が目に飛び込んでくる。まるで郊外型の薬局チェーンのようだ。 コロラド州の統計によると、 2017 年の州内の大麻の販売業者は 1000 近く。 嗜好用大麻 -なぜアメリカでは大麻が合法化されたか | …